2014年08月

2014年08月31日

和食に合う「リースリング クラシック」

今日で8月も終わり。日が経つのは早いですね。

9月に入ると暑い日があっても、気分はすっかり秋モードに。

お酒がさらに美味しくなる季節ですね。


和食のおともにドイツのやや甘口の白ワインはいかがですか。

リースリング クラッシック
【リースリング クラシック プファルツ】 750ml 1,800円(税込)

香りは熟れたパイナップルのよう。

飲み飽きしないスッキリとした口当たりで、ほのかな甘みと酸味が和食にピッタリです。

ワイン初心者の方にもおすすめできます。


瓶底に見える、白いザラメのようなものは酒石といって、品質の良いワインに発生します。

人体には無害で、ワインの味わいや品質にも全く問題はありません。

むしろ美味しいワインの証拠ですよ。

sakeweb at 23:52|Permalinkmixiチェック ワイン 

2014年08月30日

「楯野川 源流 冷卸」入荷しました。

これからは、秋のお酒「ひやおろし」が入荷してきます。

まず最初は山形県・楯の川酒造さんの「源流 冷卸」です。

たてのかわ ひやおろし
【楯野川 純米大吟醸 源流 冷卸】 1800ml 3,132円(税込)  720ml 1,674円(税込)

美山錦で醸した純米大吟醸酒を原酒のままひと夏、低温でじっくりと熟成させました。

なめらかで優しい口当たり。

美山錦らしいキレとまろやかで奥行きのある旨みが広がります。

最初は低い温度で、だんだん温度を上げながら飲んでいくと旨味の広がりをお楽しみいただけます。


ぜひ、秋の味覚とともにお楽しみ下さい。

sakeweb at 23:52|Permalinkmixiチェック 日本酒 

2014年08月29日

ブランデーベースの梅酒・エビス福梅

昼間にはトンボが飛び、暗くなってからは虫の音が聞こえてくるようになりました。

秋から冬におすすめの梅酒がこちらの「エビス福梅」。

エビス福梅
【エビス福梅】 1800ml 2,725円(税込)  720ml 1,296円(税込)

20年以上、熟成させたブランデーベースの梅酒です。

爽やかな梅の香りと芳醇なブランデーの深みのある味わいが見事にマッチ。

口の中いっぱいに広がるブランデーの華やかな香りと爽やかな梅の酸味、程良い甘さ、深みのある余韻・・・ついついグラスをかたむけてしまいます。


エビスさんが「梅酒」という福を届けてくれました。

sakeweb at 23:53|Permalinkmixiチェック 和リキュール 

2014年08月28日

亜硫酸塩(酸化防止剤)について

ワインに添加されている酸化防止剤は、亜硫酸塩なんていう体にすごく悪そうな名前ですね。

これは多く摂りすぎると身体に影響すると言われていますが、全く問題のない範囲で添加されます。

亜硫酸塩はワインを製造する過程でも、自然に微量発生してしまいます。
(製造過程のものを入れると、ゼロパーセントのものはありません)

酸化防止剤はワインを保存するため、輸送に耐えるために必要な成分です。


通常、酸化防止剤は収穫後、醸造中、瓶詰め前に添加します。
    
添加量はワインの質により変わってきます。

一般的に大量生産のワインほど多く添加されると言われています。

最近はナチュラルなワインが流行となり、瓶詰め前に微量だけ添加するワイナリーが増えてきました。

イタリア畑
(写真と本文は関係ありません)

sakeweb at 23:53|Permalinkmixiチェック ワイン 

2014年08月27日

おすすめボルドーワイン(赤)・その2

近年、最高と言われるボルドー2009年ヴィンテージ!

そのため、手頃な価格のワインもワンランク上の味わいになりました。

イザベル
【2009 シャトー タスタ キュヴェ イザベル】 750ml 1,450円(税込)

際立ったエレガントな香りが特徴です。

口当たりはなめらかで、やわらかなタンニンが心地よく感じられます。

味わいは優雅で心地よく、飲み頃はまだしばらく続くようです。

赤身や白身の肉料理、ソースのかかったしっかりした味付けのお料理にとてもよく合います。

葡萄品種:メルロー90% カベルネ・フラン10%


シャトー タスタはボルドー地方の東部、ドルドーニュ河右岸にあるフロンサック地区の中心に位置しています。

近くにはサン・テミリオンやポムロール地区があります。

フロンサック地区(A.O.Cフロンサック)は19世紀前半まではむしろサン・テミリオンを凌ぐ知名度を持っていたと言われています。

その後やや低迷していましたが、近年再び評価を高めています。


お手頃な価格で当り年のボルドーワインはいかがですか。

sakeweb at 23:52|Permalinkmixiチェック ワイン