2013年09月18日

2013年09月18日

ラフォレおじさんからのヌーヴォー便り 1

今年もボージョレーヌーヴォーの季節が近づいてきましたね。

当店自慢の直輸入のラフォレさんのヌーヴォーも間もなく収穫が始まるようです。

今回は、ラフォレおじさんから届いた6月から8月までの栽培状況をお伝えしますね。
------------------------------------------------------------------------------------

【6月】今年はずっと気温が低く、雨がすっごくいっぱい降りましたが、やっと暑くなり、ブドウ樹たちが目を覚ましてくれたようで、やっと花が咲き始めました。

これからはぐんぐん伸びる枝の端を切り落とすロニャージュという作業や、若くて細い樹の枝が折れないように結ぶ作業に追われる日々が続きそうです。
ラフォレぶどう1

【7月】ここ2週間くらいボージョレ地方では晴天に恵まれ、とても暑い日が続いています。
枝がぐんぐん伸びて畑の緑がとてもキレイです。

ブドウには少しミルランダージュが見られます。これは開花時の不安定な天候のために、一部の粒がうまく結実せず小さい粒のまま残る状態のことです。
でも、このような粒は少ない果汁に対して皮が分厚いため、濃い旨味がぎゅっと凝縮して逆にとても上質なワインができるんです!
ラフォレぶどう2

【8月】ボージョレ地方では、7月以来とても安定した天気が続いていて、素晴らしい太陽に恵まれています。
今はどんどん生えてくるブドウの葉の不要な部分を切り落とす作業をしています。

ちょうど今、ブドウの色が変わってきているところです。最近の晴天のおかげで、とても良いペースで色付きが進んでいます。
ラフォレぶどう3

収穫開始は9月23日頃になるでしょう。
質としてはおそらく平均並か、ミルランダージュの粒がたくさんあるので、その点ではいつもより上質なワインができるのではないかと期待しています。
ラフォレファミリー
ラフォレ氏(右)と三つ子の息子さんのうちの、後継ぎのふたり

sakeweb at 22:23|Permalinkmixiチェック ワイン